検索
  • Mukai

【私のセカンドキャリアについて】

最終更新: 2019年11月6日

 今回は 小川哲也さんhttps://twitter.com/Tetsuya_GatenIT に記事を書いていただきました。快く引き受けていただいて、本当にありがとうございました。




<自己紹介>

 18歳からガテン系のゴリゴリの作業員として力仕事をして5年。

 いつまでも力仕事は出来ないな、と思いデスクワークなどの仕事をしたいと転職を考えました。

 ”IT”という響きにキラキラとカッコ良さを感じ、IT業界への転職を決意。

 わからないことを調べ、周りに聞きながら3年半エンジニアを経験し、その後、部門長として人や業務管理、お客様への提案などを5年経験しました。

 そこから、IT人材派遣の営業をし、営業部長をした後に、取締役となりました。

 お酒大好き、活字がちょっと苦手。

 座右の銘は『人生笑ってなんぼ!!』

 笑っていたい!!笑っていてほしい!!

 そんな笑いあふれる人生を送るため、日々奮闘しております。


【私のセカンドキャリアについて】

私の前職は、”ガテン系作業員”をしていました。

キツイ仕事ではありましたが、その分高いお給料をもらっていました。

当初、失神したり、嘔吐したり、初めて筋肉痛で泣いたり、なんて辛い思いをしました。

死ぬ気でやりました。

数か月すると慣れてきて、1年後にはだいぶ1人前に近い形で働けるようになっていました。

なれたとしても、なかなか厳しい環境ではありました。

 ・月曜日~土曜日の週休1日

 ・コンクリートの仕事で固まるまでが仕事なので、固まりきらなければ帰れない

  ※ 月曜の朝出て、日曜の朝帰ってくるなんて週も

 ・毎日飲み会

  ※ 毎回ではないが、たいていの場合、断ると「飲みます」というまで怒られる

 ・休んだら給料が入らない完全歩合制

 などなど

5年間ガテン系作業員を続けました。

よく続けたものだなぁ、と今は思っています。

その後、転職を決意し、”IT業界”へ入ってきました。

細かく言えば他にもいくつかありますが、以下理由により転職を決めました。

 ・力仕事をいつまでも続けることは出来ないと思った

 ・午前中の仕事が終わり次第、酒を飲むオジサンたちが何人もいて、

  このようなオジサンになりたくない、と思った

 ・家族との時間をもっと作りたい

 ・体調崩したり、怪我をした場合の収入保証がない

 ・上記理由から良い未来を想像出来なかった

転職をすることにより、給料はかなり減ってしまいました。

ただ、今まで我慢していたものを我慢しなくて済むようになりました。

転職当初はがむしゃらに頑張っていただけですが、どんどんやりがいを感じられるようになってきて、

毎日楽しいと思って仕事が出来るようになったのです。

また、”未来が開かれた”そう思うようになりました。

ガテン系で培われた根性と我慢強さを活かせば、この業界でもやり切れるのではないか、と。


【IT業界へ未経験で転職しました!!】

前述のとおり、私は”ガテン系作業員”から”IT業界”へ転職をしてきました。

従事していた、ガテン系のお仕事ではパソコンは使いませんでした。

まさに”未経験での転職”でした。

ちょっと怖かったので、以前の会社を事前にブラインドタッチを出来るようにしたり、

パソコン教室で、MicrosoftOfficeのWordとExcelの資格は取りました。

資格と言っても2週間ほど1日1時間ほどの授業と多少の宿題があるレベルのものです。

それだけです。

やっておいてためになったことは間違いないですが、パソコンに詳しくなったとは

到底言えないレベルでした。


【セカンドキャリアにおける未経験業種への挑戦について】

別業界での転職の場合は、どの職も未経験からのスタートとなります。

前述で、「プラスの特性を活かし」とは言いましたが、気を付けてほしいのが、

まっさらな状態からのスタートであるという事です。

新卒とそれほど変わらない目で見られます。

同業界であれば、以前の仕事のノウハウなどいかんなく発揮いただければと思いますが、

別業界であれば、フレッシュさが必要です。

フレッシュさと表現しているのは、”素直さ”、”元気さ”、”覚えようと努力を惜しまない”

ということを指しています。

私は、以前の仕事で誰もが耐えられるようなものではない仕事を経験しました。

そこである程度の自信はつきましたし、多少なりとも前職の考え方から今に活かせそうなこともありました。

はじめからそれを振りかざして、「私はこんなことできますから」、「私はこんな考え方も出来ますから」

といったスタンスだと、教えてくれる人も減ってきますし、何よりも覚えるのが遅くなってしまいます。

まずは、そのお仕事がどのようなお仕事なのかをしっかりと理解するために、より多くの情報をインプットし、

わからないことや、今までの経験を先輩に聞いて回ることが大事だと思っています。

未経験転職、大いに応援しますし、弊社としても大歓迎です。

ただし、フレッシュさをもって仕事をさせていただくという気持ちは持つべきと私は考えています。


【民間企業で活躍する上で必要なスキル】

いくつかあると思っていますが、私が考える

民間企業で活躍する上で必要なスキルとして、挙げたいのが以下です。

”バランス感覚”

ほとんどの場合、「あれとこれ」を考える必要があります。

場合によっては「あれとこれとそれ」なんて場合もありますね。

例として以下を挙げます。

 ・会社の利益を考えながらお客様の満足度を考える。

 ・会社の方針示を加味しながら、部下のキャリアを考える

 ・費用を考えながら、より性能の高いサービスを導入する

 ・急ぎの仕事中にトラブルが発生する

仕事のほどんどが「あれ」を考えながら「これ」も考えることになると思っています。

その場合、どちらにどれくらいの比重を置くべきなのか、それをしっかりと考え行動できる人が

どの企業でも活躍していくと思っていますし、実際周りを見てもそうでした。

私自身がこのスキルを磨くため、心がけていることを以下に挙げさせていただきます。

 ①常にものごとを深く考えること

 ②第三者視点で考える

 ③客観的な視点で考える

成功体験などから得られる”自信”も大事ですが、常に自分の考えが正しいのか、

それはどういった根拠なのかを考えることが大事です。

合っているかどうかは自身の経験はもちろん、

”相手がどう思うか”、

”周りがどう感じるか”

この視点で考える必要があります。

これを続けることにより、どんどんバランス感覚は養われていきます。


【セカンドキャリアを考えている方へ】

やりがいをもって働くことが出来て、良い未来を想像出来るのであれば、そのお仕事を

続けた方がよいかと思います。

続けるべきです!!

ただ、モヤモヤを感じていて、そのモヤモヤが明確にわかっている場合、セカンドキャリアを考えた方が

良いケースが多いのだと、私はそう考えています。

そして、どの職でもプラスになる特性を持っていると思っています。

セカンドキャリアでは、そのプラスの特性を活かし、より良い未来を見ていただきたいと考えます。

108回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示